(取材考記)紙一重の當落?強固な「巖盤」破った新顔 投票で変えられる?1票の力、実感 矢島大輔

會員記事

[PR]

 「自分の1票で政治が変わる実感がない」。総選挙を前に、読者からこんな投稿があった。

 同感だった。

 今年6月に行われた兵庫県尼崎市議選(定數42、候補者55人、有権者38萬人)。市民の1人である私は、投票をしなかった。入れたい候補が見つからず、どうせ自分の1票なんて、と考えた。幼い子ども2人を猛…

この記事は會員記事です。殘り706文字無料會員になると月5本までお読みいただけます。