札幌の新規感染、1年4カ月ぶり「ゼロ」 旭川は飲食クラスター続発

會員記事新型コロナウイルス

中野龍三、本田大次郎 聞き手?斎藤徹
[PR]

 北海道は5日、新型コロナウイルス感染癥対策本部會議を開いた。この日札幌市では新規感染者數が昨年7月11日以來、約1年4カ月ぶりにゼロになり、道內の感染狀況は今年になって最も低い水準で推移している。一方、旭川市では飲食店でのクラスター(感染者集団)の発生が続いており、道は感染癥が流行しやすい冬を前に注意を呼びかけている。

 旭川では國の基準の「感染急増」の狀況に迫っており、道は國に専門家の派遣を依頼した。道內では感染狀況は落ち著いているが、今後は冬場のインフルエンザの流行と重なる可能性も指摘され、予斷を許さない狀況だ。

 道內全體では5日、新たに13人の感染者が確認された。死者はいなかった。5日時點の人口10萬人あたりの新規感染者數は週合計で1?3人。4日時點の病床使用率は0?8%、重癥者用の使用率はゼロで減少傾向が顕著だ。

 札幌市では5日の新規感染者數がゼロ、同日時點で殘るクラスターも、収束が続いて昨年4月10日以來約1年7カ月ぶりのゼロに。鈴木直道知事は會見で「札幌市は人口が多く、大きな繁華街も抱えている。接觸の機會が多く感染リスクが高い中でゼロになったのは、市民や札幌に滯在する方々の力添えがある」と述べた。

 一方、再拡大の火種はなおくすぶる。旭川市保健所は5日、市內で12人の新規感染者を確認したと発表。新たなクラスターが繁華街「さんろく街」のカラオケ設備のある飲食店で発生し、客?従業員計6人が感染した。同市での飲食店のクラスターは10月26日以降で4件目。

 市保健所によると、10月1…

この記事は會員記事です。殘り1448文字無料會員になると月5本までお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染狀況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]