歐州議員団、オードリー?タン氏と會談 フェイクニュース対策を議論

臺北=石田耕一郎
[PR]

 臺灣を初めて公式訪問している歐州連合(EU)の歐州議會議員らが5日、デジタル擔當相オードリー?タン氏と會談した。フェイクニュースサイバー攻撃への対策について意見交換したとみられる。

 議員団は同日、臺北市內で會見し、団長役を務めるフランスのグリュックスマン議員が「臺灣との交流は誰かに逆らうのではなく、至極當然の行為だ。臺灣に対する関心を高めることは中國との武力衝突の可能性を低下させることにつながると信じる」と述べた。同氏はまた、「臺灣は孤立していない。私たちは臺灣とともにいる」と語った。

 同氏はEUが3月にウイグル族に対する人権侵害を理由に対中制裁を発動した際、中國側から対抗制裁を受けた。

 議員団はほかに、イタリアギリシャリトアニア、チェコ、オーストリアの計7議員からなる。4日には蔡英文総統と會談し、臺灣支持の考えを伝えた。

 中國外務省の汪文斌副報道局長は4日の定例會見で、議員団の訪臺について強い不満と反対を表明し、EUに抗議したことを明らかにした。(臺北=石田耕一郎)