7~9月期の年金運用益は1.8兆円 GPIF、國內株好調が支え

村井隼人
[PR]

 年金積立金管理運用獨立行政法人(GPIF)は5日、2021年度7~9月期の公的年金積立金の運用益が1兆8763億円(うち利子?配當収入は6230億円)だったと公表した。期間中の収益率は0?98%で、運用益は6四半期連続で黒字となった。

 GPIFによると、7~9月は先進國で金融緩和政策の縮小が意識されて外國株はやや値下がりした。一方、國內では新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、経済活動の正常化や大規模な経済対策への期待が高まったことで國內の株価が大幅に上昇し、全體の黒字を確保した。

 厚生労働省が所管するGPIFは、現役世代が納めた年金保険料のうち、年金の支払いに充てられなかった分を國內外の株式や債券で運用している。市場運用を始めて以降、累積の収益は9月末時點で102兆1946億円。運用資産額は計194兆1197億円となった。(村井隼人)