自民、無所屬?細野豪志氏の入黨認める 民主黨政権の環境相

2021衆院選自民

[PR]

 自民黨遠藤利明選挙対策委員長は5日、10月末の衆院選靜岡5區に無所屬で當選した細野豪志元環境相の入黨を認めたことを明らかにした。入黨は同日付。同選挙區には黨公認で立候補した岸田派の吉川赳(たける)氏が比例東海ブロックで復活當選しており、黨本部は靜岡県連の反発を押し切って入黨を認めた。

 細野氏は2000年の衆院選で當時の民主黨から初當選。17年に民進黨を離黨し、小池百合子?東京都知事らと希望の黨を結成した。その後、無所屬で活動。19年に自民黨二階派に特別會員として入會し、自民黨入りを目指していた。

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]