• アピタル

抗體カクテル、発癥予防に特例承認 無癥狀者や濃厚接觸者にも

新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 新型コロナウイルス感染癥の抗體カクテル療法「ロナプリーブ」について、厚生労働省は5日、無癥狀者や濃厚接觸者の発癥予防に使えるように特例承認した。発癥前の人に使える薬は國內で初めて。投與方法をこれまでの點滴だけでなく、皮下注射もできるようにした。

 抗體カクテル療法は2種類の中和抗體を合わせて投與することで、ウイルスが細胞に感染するのを防ぐ薬。発癥前に投與する対象は、感染者と同居するなどの濃厚接觸者か無癥狀の感染者▽肥満や基礎疾患など重癥化リスクがある人▽ワクチン未接種や接種していても免疫不全で効果が不十分な人――の3條件を満たす人に限る。

 使用例の詳細について、日本感染癥學會は4日、ガイドラインを公表。濃厚接觸者は、高齢者施設や醫療機関でクラスターが起きた場合なども対象になるなどとした。(市野塊)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染狀況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]