伊方原発、運転差し止め卻下 「実に非科學的」住民団體が批判

[PR]

 四國電力伊方原発3號機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを求めた愛媛県広島県の住民らの仮処分申し立てについて、広島地裁は4日、卻下する決定を下した。松山地裁で差し止め訴訟を爭う愛媛県內の住民らでつくる「伊方原発をとめる會」はこの決定を批判。一方、四電は「妥當な決定」とコメントした。

 決定は「電力會社の想定を超える地震の危険性を住民が明らかにする必要がある」とした。とめる會の松浦秀人事務局次長は「住民が東日本大震災を予測できたか。実に非科學的で、腹の立つ決定だ。抗告審では人として良識ある判斷をしてほしい」と語った。

 一方、四電は「3號機の安全性が確保されているとの當社の主張が認められ、妥當な決定をいただいた。3號機は、四國で安定的かつ低廉な電力供給を支える基幹電源。安全対策に不斷の努力を重ねる」とした。

 伊方町の高門清彥町長は「司法判斷についてのコメントは差し控える」としたうえで、「四電に対して、運転?停止のいずれの狀態であっても、安全対策に萬全を期すよう求めていきたい」。中村時広知事も「四電には慎重かつ細心の注意を払いながら安全確保に努めていただきたい」との談話を出した。