• アピタル

脳出血、良くて寢たきりから再起の味 4日前に交際始めた彼女と共に

會員記事

織井優佳
[PR]

 ほどよい塩気に濃厚な薫香。酒が進むナッツやチーズのくんせいを鎌倉の飲食店で見かけたら、それは「鎌倉薫製(くんせい)」かもしれない。代表の石井健一さん(48)が、鎌倉産の山桜チップを使ってこつこつ作っている。

 石井さんが仕事としてくんせいを作り始めたのは、4年前の11月に生死の境をさまよったことがきっかけ。それまで石井さんはエレキギターなどの弦楽器作りを専門學校で教えていた。ある朝、自宅で倒れ、夕方に帰宅した弟が救急車を呼んだ。脳出血だった。

 長時間倒れたままだったのが響いた。半年の入院でリハビリも頑張ったが、左半身不隨の障害が殘った。でも石井さんは「『良くて寢たきり』と言われたらしいが一応、歩いて家に帰ったんだから」と朗らかだ。

 とは言え、杖を突き、長く立…

この記事は會員記事です。殘り953文字無料會員になると月5本までお読みいただけます。