フェイスブック、投稿の顔認識を停止へ 10億人分の顔データは削除

會員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米メタは2日、傘下のフェイスブック(FB)の「顔認識機能」を數週間以內に停止すると発表した。顔認識のために蓄積していた10億人分以上の顔寫真データも削除するという。FBへの批判が強まるなか、「社會の懸念の高まり」を考慮したとしている。

 FBの顔認識機能は、2010年に導入された。顔寫真や動畫が投稿された場合、FBが持つ利用者の顔データをもとに自動的に認識して、顔寫真と利用者の名前をひもづける「タグ付け」などの操作を提案するしくみ。FBの利用者のうち、3分の1以上がこの機能を「オン」にして利用しているが、これをなくすことにした。

 自分がこの機能を「オン」にしているかどうかは、FBアプリの「メニュー」から「設定とプライバシー」の「設定」を選び、「顔認識機能」を選ぶと確認できる。

機能廃止の狙いは? 顔認識技術は継続 

 メタの人工知能(AI)部門…

この記事は會員記事です。殘り642文字無料會員になると月5本までお読みいただけます。